Skip to content
Bookmark Icon
Print Icon
Email Icon

よくある質問

グローバル患者サービスFAQ

財務手続きを行う必要があるのはいつですか?

米国外から来院し、費用を自己負担する患者様の場合、医療を受けるための来院に先立って、全額の前払い(電信送金、クレジットカード、現金、支払い保証小切手)、または保険や政府の資金援助の確認が得られている必要があります。これらのいずれかが得られた時点で財務処理が確認され、医療プランを進めることができます。

支払い保証書の提出は認められますか?

多くの大使館、使節団、または肯定的な信用に裏付けられたその他の証明可能な政府機関によって発行された、公式な保証書もお受けしています。承認期間中または承認期間後の対象外の費用は患者様の自己負担として請求されますのでご留意ください。

治療を受けるにあたり、なぜ前払いする必要があるのですか?

財務処理を確実に行うため、前払いは、予定された入院手術の3営業日前、また予定された外来診察予約や処置の2営業日前までに必要です。財務担当者が準備する個別の費用見積もりの全額が前払いされている必要があります。

ニューヨーク プレスビテリアンから保険会社に私の医療費を請求することはできますか?

ニューヨーク プレスビテリアンは、複数の国際保険や海外保険会社に対応しています。予定された予約前に、ケアに対する保険の事前承認が得られていることが必要です。給付金を確認できない場合、事前承認が得られない場合、又は患者様が加入している保険会社とニューヨーク プレスビテリアンが契約していない場合には、費用見積もりに基づいた治療費の前払いをお願いしています。その場合、保険会社からの償還を受けられるよう、適時に請求書および医療記録を患者様に送付する最善の努力をいたします。それ以外の場合は保険会社に直接請求しますが、承認期間中または承認期間後の対象外の費用は全て患者様の自己負担として請求されますのでご留意ください。

入院期間が予定よりも長くなった場合について教えてください。

予期せぬ状況により、予定された治療計画を超える医学的治療が発生した場合、施された処置全てについて追加費用が課せられます。万一そのような状況が発生した場合は、チームメンバーがそれらの費用についてご説明いたします。

実際の治療費用が前払い金を下回る場合、払い戻されますか?

実際の治療費用が事前に支払った金額を下回っている場合には、会計業務が完了次第、患者様に払い戻しされます。全ての費用が告示され、全てのサービスに対しアカウントが完全に終了した後、払い戻しは約90営業日内(または必要な場合のみさらにお時間をいただいきます)に行われます。返金方法は、元来の支払いを受け取った形式、または小切手となります。

アメリカの銀行口座はどのように開設できますか?

グローバル患者サービスコーディネーターが米国の銀行口座の開設をお手伝いいたします。

最終請求書や報告書の受け取りはいつですか?

請求金額は、病院およびその他のサービス事業者の現在のすべての請求金額に加えて、第三者の支払人が決定した支払い残金も含まれ、治療の完了後約60日以内(必要な場合にのみさらにお時間をいただきます)に送付されます。入院時もしくはできる限り事前にこの必要性に気付いた場合にはとくに、至急の請求依頼に対応するよう尽力いたします。

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software