Skip to content
Bookmark Icon
Print Icon
Email Icon

神経科および神経外科

ニューヨーク プレスビテリアン病院の神経科および神経外科の専門医は、最先端の医薬、手術、技術を応用した独自の治療計画を患者様一人ひとりに提案しています。当病院は、脳および脊椎関連疾患の患者ケア、研究、教育で米国をリードする施設の1つです。USニューズ&ワールドレポートで、当病院は常に、神経科および神経外科の上位5施設の1つとしてランキングされています。最新の研究成果に裏付けられた、最も高度な訓練を受けた専門家による優れた治療法を求めて、世界中から多くの患者様が来院します。

低侵襲の脳外科および脊椎手術

ニューヨーク プレスビテリアン病院では、脳血管系疾患、脳腫瘍および脊椎腫瘍、その他の脊椎疾患、特定の運動障害の治療に、できる限り低侵襲の脳外科手法を採用しています。脳外科手術の進歩は痛みとリスクを最小限に抑える革新的解決策をもたらし、低侵襲の外科的処置と治療成績の両面から患者様の生活を改善しています。

腫瘍の生物学的特徴に基づく脳腫瘍治療

脳腫瘍センターの医師らは高度な技術を使用して、新たに診断された原発巣および転移性腫瘍だけでなく、治療後に再発したがんの治療にもあたっています。精密医療プログラムを通じて、当病院の医師は腫瘍を生物学的に分析し、がんの増殖を促す分子シグナルを標的とする治療法を選択することに目標を定めています。当病院の神経外科医は、可能な限り低侵襲性の脳外科手術で脳腫瘍を安全に取り除くという、類まれな経験を有しています。例えば、鼻孔から頭蓋底腫瘍を取り除くことができます。また、定位放射線治療、最新の化学療法薬にも対応しており、臨床試験も行っています。

国際的に認められている脊椎の専門知識

ニューヨーク プレスビテリアン病院は、頸部および脊椎の一般的な疾患から非常に複雑な疾患に至る治療において、米国で最も優れたプログラムの1つを展開しています。Our world-class spine experts have cared for people with some of the rarest and most difficult-to-treat conditions in the world — including scoliosis and other spine deformities, cervical (neck) spine problems, herniated discs, spinal stenosis and spondylolisthesis, spine trauma, vertebral fractures due to osteoporosis, spinal tumors, and congenital spine abnormalities. 彼らは、子供から成人まで年齢にかかわらず、あらゆる患者様のためにチーム一丸となって運動能力、機能、生活の質を取り戻すことに取り組んでいます。

  • 当病院のリハビリテーション医は、脊椎の痛みの介入治療の専門家であり、これらの治療には、脊椎関節炎のラジオ波焼灼療法、脊椎および関節注射、神経ブロック、髄腔内ポンプ療法(脊柱管への薬剤注入)などがあります。
  • 脊椎手術が必要な場合は、国際的にも評価の高い整形外科医と脳神経外科医が、脊椎のロボット手術をはじめ、必要に応じて低侵襲手術を実施します。
  • 当病院の医師は、その卓越した精度の高さから、複雑な脊椎変形手術で世界的な名声を得ています。ニューヨーク プレスビテリアン病院は、他の医師では対応できない脊椎疾患の患者様を治療することがあります。当病院が採用するコンピュータ支援型3D脊椎ナビゲーション手術は、ネジや器具の正確な配置など、手術室における手技の安全性と精度を最大限に高めます。

治療困難なてんかん症の専門知識

ニューヨーク プレスビテリアン病院のてんかん症の専門家は、制御が困難な難治性の発作のある、あらゆる年齢の患者様を治療しています。We have two Level 4 Comprehensive Epilepsy Centers, as designated by the National Association of Epilepsy Centers — the highest rank possible. 最先端の検査方法によって脳機能を評価し、発作のタイプと回数、および脳内の発作位置をピンポイントで特定します。投薬でてんかん発作を制御できない場合は、当病院のてんかん医にご相談ください。迷走神経電気刺激法(電気信号を送って発作を制御するデバイスなどの小型ペースメーカーの埋め込み手術など)、反応性神経刺激(頭蓋骨にデバイスを埋め込んで脳内で発作を制御)、低侵襲レーザー間質温熱療法(LITT)や定位放射線手術(てんかんが発生している脳組織を破壊)、発作が発生する脳の部位の従来手術による切除など、さまざまな治療法を提案しています。当病院の脳神経外科医は、脳マッピングテクノロジの導入を推進した結果、言語や記憶、運動といった重要な機能を司る領域を損うことなく、脳内の異常な組織を取り除くことができるようになりました。

記憶障害の進行を緩やかにするための取り組み

当病院には、アルツハイマー病とそれに関連する記憶障害の診断および治療について専門知識があります。私たちは、正確な診断を行うために、高度な神経画像診断サービスおよび検査を行っています。Once we identify the cause of dementia, your doctors determine the best course of treatment — including the latest medications to treat your symptoms. 当病院は、認知症の原因となる正常圧水頭症(治療可能)の手術の実績があることで知られています。Our doctors also address risk factors for Alzheimer’s disease that can be changed, such as diet and exercise, at the Alzheimer’s Prevention Clinic at Weill Cornell Medicine — the first of its kind on the country.

運動障害治療の世界的リーダー

ニューヨーク プレスビテリアン病院は、世界で最も多くのパーキンソン病、ハンチントン病、その他の運動障害(運動失調、ジストニア、パーキンソン病様疾患)の患者様を治療しています。当病院の運動障害プログラムは世界的に最も歴史が古く、規模も最大級です。国内で最も経験豊かな神経外科医が、パーキンソン病、ジストニア、トゥレット症候群、振戦の治療に脳深部刺激療法(DBS)を行っています。小型デバイスは、脳のペースメーカーのように機能して症状を緩和します。ニューヨーク プレスビテリアン病院は、DBSを行う施設の中で最も多忙かつ著名であり、このテクノロジを最初に導入した施設の1つです。

多発硬化症およびその他の自己免疫神経系障害

ワイル コーネル医科大学のColumbia University Multiple Sclerosis Clinical Care & Research CenterおよびJudith Jaffe Multiple Sclerosis Clinical Care & Research Centerでは、多発性硬化症、視神経炎、その他の自己免疫神経系障害の患者様に向けた医療サービスを提供しています当病院の多発性硬化症(MS)の専門医が、患者様の機能を最大限向上させ、生活の質の向上と自立生活の支援を行います。

優れた神経集中治療

ニューヨーク プレスビテリアン病院は世界に名高い神経集中治療プログラムを採用しており、地域に最先端の治療を提供しています。ニューヨーク プレスビテリアン/コロンビア大学メディカルセンターおよびニューヨーク プレスビテリアン/ワイル コーネル医科大学は、神経系集中治療室(Neuro-ICU)を備えています。当病院には特別な訓練を受けた医療スタッフが待機し、継続的監視、最先端の脳監視テクノロジ、特殊医療および外科的治療、早期リハビリを提供しています。脳卒中、脳動脈瘤、脳損傷、脳炎、髄膜炎、てんかん重積状態の患者は神経系集中治療室(Neuro-ICU)に救急搬送されます。その結果、救命率が上がります。当病院の目標は、即時および後発脳障害のリスクを減らして患者様の完全回復率を上げることです。

脳卒中および脳血管障害の緊急治療

ニューヨーク プレスビテリアン病院は、医療施設認定合同機構および米国心臓協会/米国脳卒中協会によって包括的脳卒中センターとして認定されています。これは、医療施設に付与される最高レベルの脳卒中認定です。脳卒中および脳血管疾患の患者様の治療人数では世界最高の施設の1つであり、マンハッタンでは最高クラスです。ニューヨーク プレスビテリアン病院には、他の多くの病院では対応不可能な脳血管疾患の最先端治療を提供していることから、このような患者様が高い頻度で搬送されてきます。当病院では、脳卒中や脳血管疾患を正確かつ効率的に診断、治療するために最先端のテクノロジを採用しており、これらの中には、当病院だけの神経集中治療室、最新の薬物療法、低侵襲の外科的治療などがあります。当病院の専門医は、血管内施術を導入するために高度なスキルを身につけています。これらの中には、虚血性脳卒中患者のための機械的血栓除去、プラチナ製の小型コイルまたは「スーパーグルー」を脳動脈瘤内に埋め込んで患部の治癒を助ける血管内コイル塞栓術、動静脈奇形(脳内または脳周辺の動静脈の異常なもつれ)の塞栓術や顕微鏡手術があります。

神経筋障害の包括的治療

ニューヨーク プレスビテリアン病院の専門医は、神経筋障害(筋萎縮性側索硬化症(ALS、ルー・ゲーリッグ病)、慢性炎症性脱髄性多発ニューロパチー(CIDP)、ギラン・バレー症候群、炎症性筋障害(皮膚筋炎、多発性筋炎、封入体筋炎)、ミトコンドリア疾患、筋ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、重症筋無力症、神経障害)の成人および小児患者の診断と治療に優れた技術を持っています。当病院では、神経障害および重症筋無力症の低侵襲手術を行っています。胸部外科医は、胸腺を除去するロボット手術の専門家です。この手術によって、患者様の70%で重症筋無力症の症状が改善し、その多くが回復しています。

臨床試験の機会

ニューヨーク プレスビテリアン病院の医師および研究者は、神経障害の実験室研究および臨床研究の最前線に立ち、その原因を突き止めてより効果的な治療の開発に取り組んでいます。当病院の研究者は、大規模な臨床試験を指揮し、これに参加することにより高度な治療を開発し、提供しています。当病院では、有望な新治療の臨床試験に参加していただく機会を提供しています。

お問い合わせ

グローバルサービス
ニューヨーク プレスビテリアン

+1-212-746-9100
米国内フリーダイヤル: +1-888-728-7945
globalservices@nyp.org

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software